当研究班について

 J-ASPECT Study(研究代表者 九州大学大学院医学研究院 脳神経外科教授 飯原弘二)のホームページへようこそ。

 本研究班は、平成22-24年度には(厚生労働科学研究費補助金 循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業、以後厚労科研) 「包括的脳卒中センターの整備に向けた脳卒中の救急医療に関する研究」、平成25-27年度には 「脳卒中急性期医療の地域格差の可視化と縮小に関する研究」として、研究を続けて参りました。
 平成28年度からは新たに、厚労科研「脳卒中の医療体制の整備のための研究」として研究を継続しております。

お知らせ

2017.07.20 日本医療研究開発機構研究事業「脳出血高リスク群を抽出する革新的な臨床診断意思決定システムの開発に関する研究」(脳出血臨床診断システムに関する研究)の参加募集を開始しました。
依頼がお手元に届きましたらぜひご協力をお願い致します。
2017.06.26 平成28年度のデータ受付を締切りました。
協力施設は過去最高の397施設となりました。ご協力ありがとうございました。
2017.01.10 『脳卒中と循環器病克服5ヵ年』が公表されました。
7-3 登録事業の促進 の章(p.43~48)においてJ-ASPECT Studyが紹介されていますので、ぜひご一読ください。
2017.01.06 平成28年度の参加登録を開始致しました。
お手元に協力依頼状が届きましたら、ぜひともご登録をお願い申し上げます。
2016.12.02 ご挨拶のページを更新しました。
2016.09.26 フィードバックページを更新しました。
H27年度退院患者調査にご協力頂いた施設様は、ぜひご活用下さい。
2016.09.05 研究協力施設情報を更新しました。
2016.05.02 2016年4月14日に発生しました熊本地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
当研究班は、震災に関連する疾病の予防、後遺症の軽減などに向けた情報共有と後方支援を目的に九州地方の研究参加施設のマッピング情報を提供しておりますので、ご活用いただければ幸甚です。
2016.03.28 平成27年度退院患者調査の参加登録は3月25日(金)を持って締め切らせて頂きました。ご登録ありがとうございました。
データ提出期限は4月15日(金)となっております。期限内のデータ収集にご協力賜りますようお願い申し上げます。
2016.01.28 平成27年度退院患者調査の参加登録を開始しました。お手元に依頼状が届きましたらぜひ参加のご登録をお願い致します。
また、フィードバックページも公開を開始しました。過去にご協力頂いた施設には協力依頼状にログイン情報を同封しております。ぜひご活用ください。
2016.01.28 脳卒中施設MAPページを研究協力施設情報ページにリニューアルしました。退院患者調査のみご協力頂いた施設様も掲載対象となっております。どうぞご覧ください。
2016.01.18 J-ASPECT Studyが読売新聞に記事掲載されました。(2016年1月17日朝刊 34面) ※読売新聞の医療サイト「Yomi Dr.」でも同様の記事をご覧頂けます。
『脳卒中(上)ビッグデータで地域差縮小』
2016.01.14 J-ASPECT Studyについての記事が日本経済新聞及び日本経済新聞電子版に掲載されました。 ぜひご覧ください。
2015.12.11 J-ASPECT Studyについての記事が日経メディカルOnlineに掲載されました。 ぜひご覧ください。
2015.12.11 脳卒中施設MAPが閲覧可能になりました。
フィードバック用ページは近日中に閲覧可能になります。
2015.10.01
 
脳卒中診療施設全国調査データ(J-ASPECT Study)のページを
リニューアルしました。
URLはwww.jaspect.jpから移行しました。
2015.08.20 平成26年度脳卒中診療施設調査 回答受付を締切りました。
2015.06.10 平成26年度 退院患者調査のデータ受付を締切りました。